NEWSニュース

2018.10.02 (tue)会津ラボ 久田 雅之が技術顧問に就任致しました

久田雅之

電力分野におけるブロックチェーン技術の活用や様々なIoT利活用プロジェクトにおいて多数の実績がある、久田雅之が当社の技術顧問に就任致しました。

久田は日本初のコンピュータ科学を専門大学として創設された会津大学の第1期生であり、コンピュータ理工学分野において会津大学で初となる博士号を取得しております。

その後、民間企業の研究職や金沢工業大学の教員経験を経て、2007年に会津大学発の研究開発型ベンチャー「株式会社会津ラボ」を起業しました。

会津ラボでは現在注目を集めているブロックチェーン関連プロジェクトや自動運転に係る実証実験など様々な先進的取り組みを実施しています。
また、幅広い分野において各種講演会やセミナーを実施しており、先端の知識・経験を世の中に情報発信しています。

・ブロックチェーン
暗号通貨等金融分野に限らず、電力取引や自動運転分野での利活用について実証実験を進めています。

・スマートファーム
農業分野においてIoTや各種センサ技術を活用し、スマートフォンから農業の管理・制御ができる技術の開発を進めています。

・スマートプラグ
コンセント型スマートメーター『SMART PLUG(スマートプラグ)』を設置することで、家電製品の消費電力の見える化、赤外機器のコントロール、また高齢者宅の炊飯器やテレビに設置することで、使用状況を見ながら日常生活に異変がないかを察知する「見守りサービス」を実施しています。当該情報基盤にはブロックチェーンやスマートコントラクトといった新たな技術を積極的に活用しています。

セミナー情報はこちら

今後フォー・クオリアの開発力と久田のノウハウを融合し、ITを通じた新しい価値の創造に挑戦して参ります。