ルート最適化ナビアプリ某社様

AIソリューション

SUMMARYプロジェクト概要

  • AIを活用した配送ナビアプリを開発
  • 効率的な営業活動を実現

物流業界全体の課題を解消につながる、ラストワンマイルの最適化

現在、物流業界では人手不足を筆頭に、配送の複雑化やベテランドライバーの高齢化などといった大きな課題がいくつもあります。また、管理者とドライバーがお互いに求めているものの違いによって生まれてしまった齟齬が、現場に新たなシステムを導入する際の障壁となっています。
本プロジェクトでは、AIによってこれらの課題を解決するソリューションを開発しました。

計画と実行が1つになったからこそ、実現できること。

管理者側のアプリで人数・目的地・細かな制約条件の設定や、それによるシミュレーション結果の確認・出力などを行うことで走行計画を立てることができます。また、ドライバー側のアプリでは現在位置の確認、走行ルートや目的地の確認、到着アクションを行えます。
さらにそれらを受けた管理者側のアプリでは、ドライバーの現在位置の確認、走行経路の確認、到着合図の確認のほか、リアルタイムで目的地までの到着時刻を再計算することなどが行えます。

ラストワンマイル特化の最適化アルゴリズムの開発。

Uターンを抑制する走行ルート、左付けに適した停車位置、目的地に対する最適な駐車位置をアプリの地図上に表示することも可能です。

データ解析と学習によって、より使いやすく、より便利に。

毎日の走行を無駄にせず、より“正確な”計画を作成するために、走行実績を学習します。
ドライバーのGPS情報を元に、出入り口の最適化や速度の推定を行うことで、リアルタイムでの再計算結果や提案する走行ルートを改善していきます。
また、入力されたデータを解析し生み出されたものである走行ルートと、それを元に実際にドライバーが走行したデータを学習し、計画や走行ルートの精度を向上させていきます。
そして、これらのラストワンマイルMAPを複数で共有することが可能なため、より多くのデータを学習させることが可能になります。それによりAIが提案する走行ルートや計画などの精度がさらに向上するため、課題の解決につながっていくことが期待されます。