文章要約システム某社様

AIソリューション

SUMMARYプロジェクト概要

  • AIを活用した文章要約システムの開発
  • 作業効率の向上を実現

要約システムによる、可能性の拡大

新聞社では紙面などに掲載した記事を他のメディアに再び掲載する際、人の手で要約を行っています。
しかし、掲載される媒体によっては文字数の制限や細かな規定などが異なってきます。つまり、その都度改変が必要になってしまうため、これまでは多大な時間と労力がかかってきました。
また近年の流れとして、自治体や企業がSNSなどの様々なツールを利用した情報の発信に力を入れています。これにより、オリジナルの文章を文字数の規定や表現の制約に則り、様々なパターンに編集する機会が増えているといえます。
本プロジェクトでは、AIによって文章の自然な要約を行うシステムを作成いたしました。

作業効率の向上

AI技術を用い記事の原文の解析をすることで、作り手の労力や時間を大きく削減することに繋がります。
これにより、それまでは文章要約に割いていた人手などを別の部分に割り振れるようになるため、生産性の向上も見込めます。

読者負担の低減

記事の内容を簡潔にまとめる事で、読み手にかかる負荷を低減することができます。このことにより、長い記事や難解な論文などに対して、途中で読むことを諦めてしまうような読み手の数の減少も考えられます。
そして、文章がわかりやすく自然に要約されていることで、これまでその記事を読んでいなかったような新たな層の参入による読み手数の増加も期待できます。

様々なニーズに対応したカスタマイズ

さらにこちらのシステムでは抽出する文の数や、生成された要約文全体の文字数をカスタムすることが可能なため、掲載するメディアによって生じる細かな規定にも柔軟に対応することができます。
また今後は、医療カルテ要約、論文要約など、様々なニーズに対応していきます。